朝キャバ・昼キャバをやっている店舗が多いエリア

朝キャバ・昼キャバ専門店という店舗は無い

東京都内にも朝キャバや昼キャバを掲げるお店が増えてきましたが、よく見ると朝キャバだけの専門店や昼キャバだけの専門店はありません。
営業時間をチェックすると朝キャバだからと言って午前中で営業が終わるお店はなく、朝キャバでも朝8時前後にオープンするとクローズは夕方4時前後になります。

朝キャバと謳っていても、実質「朝・昼キャバ」になっているのです。
また「昼・夜キャバ」があったり「朝・昼・夜キャバクラ」のパターンもあります。
朝・昼・夜キャバクラになると明け方から真夜中までずっとお店は営業している事になりますよね。

また同じ店舗を早朝から夕方まで「朝・昼キャバ」として営業しクローズした後、同日でもオーナーが変わり別のお店(夜キャバクラ)として営業しているパターンもあります。
いずれにせよ、朝キャバ・昼キャバ専門店と言う店舗はありません。

歌舞伎町―東洋一の歓楽街の名は伊達じゃない

歌舞伎町は東洋一の歓楽街と呼ばれており、所狭しとキャバクラやガールズバー、クラブ、ラウンジ、スナックなど水商売系のお店が並んでいます。
都内で朝キャバ・昼キャバの数が一番多いのは、実は歌舞伎町なのです。

朝・昼キャバの数が多いと言う事は、裏を返せば自分に合ったお店に出会える可能性が高いとも言えます。
朝・昼キャバと言っても、高級路線のお店もあれば熟女の多いお店、逆に女子大生や専門学校生を多く集めたお店、コスプレ店、清楚系の女の子が多いお店などさまざま。
お客様のニーズや好みに合わせて多くのお店が営業していますので、女の子に合ったお店を選んでバイトが出来るのは大きなメリットです。

また歌舞伎町の朝・昼キャバの特徴の一つに、高級店が多いと言う点があげられます。
朝・昼キャバなのに時給5,000円以上のお店もかなりあります。時給が高いのは嬉しいのですが、その分ノルマが厳しくノルマ未達の場合は罰金を取られる事も覚悟しなければなりません。
キャバクラ初心者の方は出来るだけノルマの緩いお店を選ぶ方が良いです。

上野―アメ横で有名なこの街はキャバクラが多い

アメ横で有名な上野もキャバクラが多いのが特徴。
特に上野は個性的なお店が多いのが注目点ですね。
未経験者の定着率9割超えの働きやすい店舗、上野で10年以上続く老舗キャバクラ、体験入店荒らしを意図的に歓迎しているお店、面接に合格した段階でお祝いがもらえるお店など「ちょっと他のエリアとは違うお店」が多いのが特徴です。

朝キャバや昼キャバの求人もかなり出ています。
全体的な傾向としては、歌舞伎町に比べると上野は庶民派キャバクラ店が多い事。求人の時給をチェックすると、上野の朝・昼キャバの時給はどれだけ高くても4,000円前後、安いお店になると2,000円の所もありますよ。

「時給安すぎ!」と驚くかもしれませんが、求人条件を見ると「服装自由(私服OK)、スーツでも可、ノルマ無し、迎え有、レンタルドレスは無料貸与」と、魅力的な条件が並んでいます。
お店によっては寮や託児所が完備されているので働きやすいのは間違いありません。

ノルマのないキャバクラ店は女の子同士の雰囲気が良く、和気藹々としたムードで働きやすいのが特徴です。
上野の朝・昼キャバは女の子同士の雰囲気が良く、派閥や上下関係、力関係でのトラブルが少ないと言われており、特に初めてキャバクラで働く女の子におススメです。

池袋―池袋は現在進行系でキャバクラが増加中

池袋は東京で一番初めにキャバクラが営業を始めた場所としても知られており、まさにキャバクラの聖地と言えます。
キャバクラの数も多く、高級店から庶民派のお店までお客様のニーズに合わせたお店が立ち並んでいるのが特徴。

朝・昼キャバの他にも高級キャバクラ、制服などで接客するコスプレキャバクラ、女子大生メインのキャバクラ、熟女キャバクラ、姉系キャバクラ、何度でも体験入店出来るキャバクラなど上野に負けず劣らず個性的なお店が多いです。
新規オープンのお店も多く求人も多いのが池袋の特徴ですね。

朝・昼キャバの求人をチェックすると時給約3,000~4,000円で女の子を募集しているお店が多め。
迎え無料・私服OK・ヘアメ無料・完全自由シフト・全額日払い・時給保証ありなど、働きやすいお店が多く初心者でも安心して働ける店舗もあります。

池袋のキャバクラ店は主要駅である池袋駅から徒歩圏内にあるので勤務しやすいのも特徴です。