朝キャバ・昼キャバの営業時間は?副業が出来る時間?

一般的な夜のキャバクラでの営業時間について

一般的な夜のキャバクラでは、多くのお店が夜19~20時頃からお店を開店させるのが普通です。
夕方にお店を開店させても顧客のメインとなる会社員や会社役員はまだ仕事中なので、やはり夜の時間帯になってからの開店が一般的です。

風営法では真夜中の0時(エリアによっては真夜中1時まで営業が認められる事があります)までに閉店するよう決まっていますが、早朝の3時、4時まで平気で営業しているお店もあります。
いわゆる違法店ですが、もし警察に踏み込まれると風営法違反となり、責任者は罪に問われお店はしばらく閉店する事に。

つまり一般的な夜キャバクラの営業時間は夜19~20時にオープン、そして真夜中0時(または夜中の1時)にはクローズとなります。
一晩の営業時間は夜19時開店だと約5時間営業する計算ですね。
ただ真夜中0時にクローズしたとしても、その後お客様にアフターに誘われて明け方までお酒を飲んだりカラオケに付き合う方もいます。
アフターは完全な時間外労働、しかも無給なのでキャバ嬢の中には嫌がる方が多いのですが、太客をゲット出来るチャンスでもあり、毎回アフターにお付き合いしている強者もいます。

朝キャバと昼キャバで営業時間が違う

朝キャバ・昼キャバの場合は夜に営業しているキャバクラとは営業時間がまるで違います。
朝キャバの場合は日の出と同時に営業を開始して良いと風営法で決まっているため、朝5~7時からオープン、そして閉店は午後13~15時前後となります。
昼キャバはお昼頃からお店をオープンさせて閉店は夕方17時頃になる店舗もあります。

昼キャバの場合午後13時からオープンし、そのまま夜キャバとして真夜中12時までノンストップで営業しているお店もあるなど、店舗によって営業時間はまちまちです。
朝キャバと昼キャバとでは営業時間に違いがありますし、お店によっても差があるため面接時に営業時間をしっかり確認しておく方が良さそうですね。

営業時間的に副業におすすめなのは朝キャバ

朝キャバは早朝6~7時からオープンし、お昼過ぎにクローズするお店が多い傾向にあります。
この時間帯は「まだ飲み足りない」お客様がお店に来る可能性が高く、お店によっては満員御礼の朝キャバもあるそうです。
昼になると「もうそろそろ自宅に帰って寝たい」お客様が増えるため、キャバクラは閑散としてしまいます。

朝キャバはキャバ嬢の需要があり、求人もそれなりにあるので仕事が見つけやすいですね。
また副業を考えている主婦や学生(女子大生や専門学校生)にとって、朝6~7時から13時くらいまで営業している朝キャバは働きやすいです。

主婦の場合お子さんや旦那を送りだしてからゆっくり出勤出来ますし、女子大生や専門学校生の場合、授業が始まる隙間時間にサクッとキャバクラでバイトが出来ます。
朝キャバは凝ったドレスやガッツリメイクを施す必要がなく、ナチュラルメイクや普段の髪形、ワンピース姿で接客が出来るので手間が掛かりません。

仕事が終わったらそのまま学校へ直行出来るので、生活リズムを崩さずにバイトが出来るのが大きなメリット。
主婦も午後から帰宅できれば家族から「何か怪しいバイトをしているんじゃないか?」と言う疑いを持たれる事もなし。

副業を考えている方にとって、朝キャバは営業時間帯的に働きやすく続けやすいお仕事です。
まずは体験入店から挑戦してみませんか?