朝キャバ・昼キャバにはどんなお客さんが来るの?

一般的な夜のキャバクラでのお客さんについて

一般的な夜のキャバクラにやって来るお客様は、実はお店のランクによって違いがあります。
高級店にはいわゆる「スーツ族」と呼ばれるスーツ姿のお客様が圧倒的に多く、会社の重役や社長、会長など社会的なステータスが高いお客様が多いです。

スーツ族の中には政財界で活躍する方やスポーツ関係者、有名人、成功した投資家などがいる可能性もあります。
特に高級キャバクラには会社の重役だけではなく、芸能人や文化人など有名人がお忍びでやって来る事も。
高級店にはドレスコードがあり、ダメージジーンズやTシャツ、サンダル、サングラス姿では基本的に入店出来ません。

これが庶民派のキャバクラになるとスーツ族であっても、会社の従業員(普通のサラリーマン)、出張して来た会社員などになります。
スーツ姿で庶民派キャバクラ店に遊びに来るとなるとやはりサラリーマンがメイン。
もちろん中には会社の重役クラスや成功した事業主もいるかもしれませんが、そういう方は自分達のステータスに合ったお店を選ぶ傾向にあります。

ほかにもキャバクラにはサラリーマンの他に個人事業主(自営業者)、年金生活者(高齢者)、観光客、大学生、専門学校生、外国人などもやって来ます。
年代も立場も異なった方々が広く集まってくるので、キャバ嬢にはお客様に柔軟に対応出来る力が求められます。

勤務明けのボーイさんなど、同業の男性

朝・昼キャバには一体どんなお客様が集まって来るのでしょうか?
早朝5~7時からオープンですので、一般的なサラリーマンは出勤の準備で忙しいはずです。
そのため朝キャバにやって来てお酒が飲める方となるとやはり限られてきます。

勤務が終わり「もうちょっと飲んでから帰ろうかな」と考えるボーイさんや水商売のお店経営者、ホストなど同業の男性が集まってきます。
ホストの場合は話術や女性の扱いが非常に上手いため、キャバ嬢の方が熱を上げてしまいホストのいるお店に足を運びホスト通いを始めてしまった、と言う話を聞いた事があります。

つまりホストがキャバクラに来店する時は、自分のお客様を開拓する目的もあるわけですね。
朝・昼キャバで働くキャバ嬢は、来客者に対して少し注意した方が良さそう。
キャバクラで遊んでストレス解消出来ればいい、と言うお客様とキャバ嬢を自分の客にしようと狙ってくるホスト…しっかり見分けなければなりません。意外な落とし穴です。

不意に時間を余らせてしまった観光客

朝・昼キャバにやって来るのは同業者だけではありません。
時間を余らせてしまった観光客もやって来ます。「飛行機が飛ぶ時間まで4時間もある」「予約した新幹線が出るまで時間がある」など、観光地では時間が不意に余ってしまう事があります。
そんな時、時間潰しのためにキャバクラや居酒屋でお酒を飲む事もあります。

観光客の場合「知らない土地のキャバクラで遊ぶのが楽しみ」と言う方もいますので、時間があれば積極的に朝・昼キャバにやって来る方がいるかもしれません。
大いに盛り上げてあげるとリピーターになってくれたり友達に紹介してくれる、口コミサイトで好意的な評価をしてくれる可能性大。
観光客でも丁寧な接客を心掛けると意外な反響があるかもしれませんよ。

決まった時間のお仕事が無い富裕層や高齢者

朝・昼キャバには高齢者や時間に余裕のある富裕層もやって来ます。
これらの方々は時間に縛られる事がないため、お店を気に入ってくれるとリピーターになってくれる可能性大です!
年金受給の高齢者と言っても年金額によっては金銭的にゆとりのある方もかなりいらっしゃるので、良いお話し相手になってあげると太客になってくれた…なんてことも。

高齢者や富裕層はお酒の飲み方がとても綺麗で、若い方のように酔ってお店で大暴れするようなリスクも少なく安心してお付き合い出来ます。
朝・昼キャバは売り上げを作りにくい面があるのですが、もともとお金を持っている方を顧客に出来れば大きなメリットになります。