【真実を暴露!】朝キャバ・昼キャバならではのメリット&デメリットとは

朝キャバならではのメリット!車での「迎え」がある

夜営業のキャバクラでは、閉店・女の子の帰宅が夜中の0時を過ぎてしまうので終電に間に合わないケースが多く、お店の車で自宅の近くまで送ってくれます。(ただしほとんどの場合で有料)

上記の「送り」とは逆に、早朝5~7時から営業が始まる朝キャバではお店の車で「迎え」に来てくれる事があります。

早朝ですと始発電車やバスが運行していない事もありますし、わざわざタクシーで移動するのは大変なので、お店のスタッフがきちんと車で迎えに来てくれるのはとっても助かりますよね!

「朝にちゃんと起きれるかどうか不安…」「タクシーを使ってお店まで移動は無理」と言う女の子は、車での迎えがあるお店を選ぶと良いでしょう。

このお迎えですが、有料で対応するお店もあれば無料で来てくれるお店もあります。無料で迎えに来てくれるお店だと片道交通費が丸々浮きますのでお得です。迎えの有無をきちんとチェックしておきましょう。

朝キャバ・昼キャバ共通のメリット!ノルマが無いからストレスフリーで働ける

朝・昼キャバは来客者数が限られるため、女の子に大きなノルマを課して営業を掛けても営業成績に反映されにくく、それゆえにノルマが無い・または少ない傾向にあります。

ノルマの無いお店は、女の子がパートやアルバイト気分で仕事が出来るため、お店の雰囲気が緩くギスギスしていません。

キャスト同士が仲良く、楽しく仕事をしているお店は店舗全体の雰囲気が明るいので、働く上での大きなメリットと言えるでしょう。

ノルマの有無が心配な方は面接時に「こちらのお店ではノルマはありますか?」と聞いてみましょう。

朝キャバ・昼キャバのデメリット① 高級店の場合、夜キャバ並に厳しい

朝・昼キャバの中にも「高級店」を謳うお店があります。朝・昼キャバの時給相場は約2,500~4,000円前後なのに時給が5,000円を超えるお店は高級店です。

朝・昼キャバは来客者が限られるため営業も熾烈になります。そのため、限られたフリー客を確実に顧客にしていかなければ売り上げを作っていく事が出来ません。

女の子にかなりの実力がないと朝・昼キャバの高級店で生き残るのは難しいです。

キャバクラ初心者は高時給を稼ぐ事よりも、まずはキャバクラのシステムに慣れるのが先決なので、まずはノルマのないお店で働きましょう。

朝キャバ・昼キャバのデメリット② キャバ嬢としてガッツリ稼ぐならやっぱり夜

朝・昼キャバはノルマが緩く働きやすいのですが、前述したとおり夜のキャバクラにくらべて時給が約2~3割低く、各種バック(報奨金)も少ない傾向にあります。

もし「月に50万、100万、ガッツリ稼ぎたい」と言う野心を持つキャバ嬢として本気で稼ぎたい女の子なら、夜に働く方がお客様も多く成り上がれるチャンスがあります。

しかし、朝キャバ・昼キャバには生活リズムを崩さず働ける、ノルマがないのでストレスフリーなどの大きなメリットがあるので、実際にキャバクラ専門の求人サイトで求人情報を見て決めるのもオススメです。

詳しくは、「上野エリアの朝/昼キャバで働くメリットまとめ」でもご紹介していますので、ぜひ合わせて読んでください。