その他朝キャバ・昼キャバのメリット・デメリット

送りドライバーは無いけど迎えドライバーがある場合が

朝キャバの募集に「迎え有」の条件が付いている事があります。
通常、夜営業のキャバクラでは閉店・女の子の帰宅が夜中の0時を過ぎてしまうので終電に間に合わないケースが多く、お店の車で自宅の近くまで送ってくれます。(ただしほとんどの場合で有料です)

これとは逆に、早朝5~7時から営業が始まる朝キャバではお店の車で「迎え」に来てくれる事があります。
早朝ですと始発電車やバスが運行していない事もありますし、わざわざタクシーで移動するのは大変なので、お店のスタッフがきちんと車で迎えに来てくれるのはとっても助かりますよね!

「朝にちゃんと起きれるかどうか不安…」
「タクシーを使ってお店まで移動は無理」と言う女の子は、車での迎えがあるお店を選ぶと良いでしょう。
このお迎えですが、有料で対応するお店もあれば無料で来てくれるお店もあります。
無料で迎えに来てくれるお店だと片道交通費が丸々浮きますのでお得です。迎えの有無をきちんとチェックしておきましょう。

キャバ嬢を本業にしたい場合は夜で働くことがオススメ

朝・昼キャバはノルマが緩く働きやすいのですが、夜のキャバクラにくらべて時給が約2~3割低く、各種バック(報奨金)も少ない傾向にあります。
もし「月に50万、100万、ガッツリ稼ぎたい」と言う野心を持つ女の子なら、夜キャバクラで働くのがおススメ。

そもそも朝・昼キャバより時給も高いですし、各種バックもついて高報酬が得られやすいです。
その代わり夜キャバクラはノルマが厳しく、女の子同士の売り上げ競争も熾烈。
ただ高報酬を稼ぐために乗り越えないといけない壁でもあります。

キャバ嬢として本気で稼ぎたい、キャバ嬢を本業にしたいなら、夜に働く方がお客様も多く成り上がれるチャンスがあります。
朝・昼キャバはどちらかと言えば副業向きですね。

ノルマが無いためかお店全体の雰囲気がギスギスしにくい

朝・昼キャバは来客者数が限られるため、女の子に大きなノルマを課して営業を掛けても営業成績に反映されにくく、それゆえにノルマが無い・または少ない傾向にあります。
ノルマの無いお店は女の子がパートやアルバイト気分で仕事が出来るため、お店の雰囲気が緩くギスギスしていません。
事実、女の子同士の仲も良くお店全体のチームワーク(連携)で緊密に接客している店舗もあります。

女の子同士が仲良く、楽しく仕事をしているお店は店舗全体の雰囲気が明るくなります。
女の子同士が足の引っ張り合いをする事もなく、変な噂を聞く事もあまりありません。
お客様にとっても明るく楽しいお店の方が居やすいですし、実際に働く女の子ものんびりした雰囲気の中で伸び伸び仕事が出来る方が長続きする可能性大です。

ノルマの無い・または少ないキャバクラ店で働きたいなら、朝・昼キャバを狙うのが基本。
心配な方は面接時に「こちらのお店ではノルマはありますか?」と聞いてみましょう。
不安点にしっかり答えてくれるお店なら安心です。

ただし高級店の場合、夜キャバ並に厳しい場合も…

朝・昼キャバの中にも「高級店」を謳うお店があります。朝・昼キャバの時給相場は約2,500~4,000円前後なのに時給が5,000円を超えるお店は高級店です。
高級店の場合、やはり高報酬を得るためにノルマは厳しめ。

朝・昼キャバは来客者が限られるため営業も熾烈になります。限られたフリー客を確実に顧客にしていかなければ売り上げを作っていく事が出来ません。
女の子にかなりの実力がないと朝・昼キャバの高級店で生き残るのは難しいです。
キャバ嬢としてそれなりのスキル・経験のある女の子ならともかく、初心者に高級店は荷が重いかも。

キャバクラ初心者は高時給を稼ぐ事よりも、まずはキャバクラのシステムに慣れるのが先決。
庶民派朝・昼キャバで仕事に慣れたら、次は高級店や夜キャバにステップアップが無難です。