朝キャバ・昼キャバとは?夜キャバとの違いをざっくり解説

朝キャバ・昼キャバは朝からお昼に営業するキャバクラ

一般的なキャバクラは夕方や夜間から営業が始まり真夜中で閉店となります。
ところが朝キャバは朝5~7時に開店し、お昼過ぎ頃まで営業を続けるスタイルです。昼キャバの場合はお昼頃から開店となります。

「早朝からキャバクラなんかしても大丈夫なの?早朝からの営業って違法じゃないの?お店の人が警察に捕まっちゃうんじゃないの?」

そんな心配をしている方がいるかもしれませんね。
キャバクラは風営法と言う法律によって営業時間が規制されています。
日の出から真夜中12時が営業時間と決められているので、早朝5~6時から営業している朝キャバは違法店でもなんでもありません。
当然ですが警察に踏み込まれても営業時間により摘発される事は一切ありません。

早朝から営業を開始する朝キャバは、営業時間では法律順守しているので安心して働けます。
逆に真夜中12時を過ぎても平気で営業しているキャバクラは違法店。そういうお店の方が危ないのです。

夜のキャバクラのデメリットがほぼ無いのが特徴

朝キャバ・昼キャバで働く大きなメリットは以下のような点になります。

・生活リズムが崩れない(昼夜逆転の生活にならない)
・周囲の人達にキャバクラで働いているのがバレにくい
・普段の髪形で働ける可能性が高い
・私服(ワンピースやスーツなど)で勤務出来るお店もある(ドレスを購入する費用が掛からない)
・ノルマが割合緩い

夜間にお客様を接待する一般的なキャバクラではキャストの生活が昼夜逆転化しやすく、キャバクラの仕事を副業にしている方は本業に差し障る可能性があります。
パート感覚でキャバクラで働いている主婦も、帰りが朝方になるようでは家族が心配してしまいますよね。

ところが朝キャバや昼キャバの場合、営業時間が早朝~昼間なので普通のパートと同じ感覚で仕事が出来るのがメリットです。
昼間に仕事が出来るので生活リズムが狂う事はほとんどありません。

主婦でも私服とバッグ姿で外出すれば、「ちょっとパートに行ってきます」とご近所さんとも笑顔で挨拶出来ますね。
昼間に外出するのはごく自然な事なので、誰も「これからキャバクラでバイトををする」とは想像もつかないでしょう。また昼間からキャバクラに来店出来る客層は極めて限られるため、知り合いに出くわすリスクもかなり低いのもメリットです。

ノルマも少なめで初心者も働きやすい

朝キャバや昼キャバは夜からオープンするお店に比べて、ノルマが緩く働きやすいのが特徴です。
朝キャバで飲む客層はかなり限られており、頑張って営業しても来客者を大幅に増やす事はあまり出来ません。
ただ裏を返せば必ず来店してくれるお客様はいる、と言う事になります。

一生懸命営業しても大幅な来客者アップが望めないため、お店側も「ノルマ・ノルマ」と厳しく言う事はなく気楽に働けます。
指名や同伴に関するノルマがない・または少ないのは精神的に楽ですし、これは大きなメリットとなります。
初心者にとってはノルマに縛られない朝キャバ・昼キャバは働きやすい環境と言えるでしょう。

ハードルが低いナイトワークと考えよう

朝キャバ・昼キャバでは、夜のキャバクラと比較して『ヘアメイクに力を入れなくてもいい』、『ドレス着用が義務付けられていない』などのメリットもあります。
朝キャバや昼キャバの方が全体的に緩く、ハードルが低いナイトワークと考えて良いですね。

これから本格的にキャバクラで働こうか止めようかと迷っている方は、まずは朝・昼キャバで様子を見てはいかがでしょうか?
朝・昼キャバで勤務してみて、自信が付けば夜のキャバクラに移店する方法もあります。キャバクラの仕事内容やシステム、接客の知識を学んでみて「私には無理かも」と思えば他の業種に変われば良いだけです。
特にキャバクラ未経験の方には、ノルマの緩い朝・昼キャバがおススメです。