ノルマ事情は夜キャバと朝キャバ・昼キャバでどう違う?

一般的な夜のキャバクラでのノルマについて

一般的な夜のキャバクラにはノルマがあります。「うちはノルマはありません!和気藹々とした雰囲気です♪」なんて求人に書いているお店でも、本入店してみたら同伴ノルマや指名ノルマを当たり前のように課せられた、というお話も聞きます。

キャバ嬢はお店の中で営業活動をしているようなもの。自分と言う商材をいかに売り込むかを工夫し、色恋営業や友達営業、オラオラ営業、また時には枕営業などで売り上げをアップさせようと必死です。
夜のキャバクラでは以下のようなノルマが課せられるケースが多いようです。

・同伴ノルマ…お客様と店外デートを楽しみ、お店がオープンする時間に合わせて一緒に出勤するとノルマ1回達成。女の子がお客様をお店に連れてくる営業活動

・指名ノルマ…お店でお客様から指名がもらえるとノルマ1回達成。場内指名と場外指名があり、場外指名(本指名)はあらかじめ心に決めた女の子をいきなり指名するため価値が高い

・売り上げノルマ…一か月あたりの売り上げ目標を設定され、目標達成出来ないと時給ダウンや店長からのお説教を聞かされる事もあります
・イベントノルマ…イベント毎にノルマの内容が変わる。お客様を何人呼べたか?売り上げはどれくらいあがったかなどをチェックされる

他にも高級クラブなどでは「お手紙ノルマ」「会社訪問ノルマ」などさまざまなノルマがありますが、キャバクラでは上記にようなノルマが一般的です。
もしノルマが達成出来ないと時給ダウンはもちろん、罰金が科せられる可能性もあり、厳しすぎるノルマはキャバ嬢のストレスの元になります。

またノルマの厳しいお店は、売り上げを競わされており、女の子同士の雰囲気もギスギスする傾向にあります。
人気キャバ嬢は妬まれる事もあり足の引っ張り合いや苛め、派閥争いなど、人間関係でのトラブルも十分考えられますね。
事実、ノルマの厳しいお店では苛めが横行しているという話もあります。厳しいノルマがストレスになり、それが原因でお店を辞めていく女の子も少なくありません。

朝キャバ・昼キャバは通常ノルマ少なめ

朝キャバや昼キャバはお客様の来店者数が少なく、一生懸命営業を仕掛けようにもその限界があります。
もちろん朝キャバや昼キャバであってもキャバクラである事に変わりはありませんので、ノルマとは無縁ではいられません。
ただ夜のキャバクラと比較すると通常ノルマは少なめで、精神的なプレッシャーを感じにくいのがメリットですね。

ノルマが少ないと売り上げを無理に競わされる事がないため、女の子同士の関係も悪くなりにくいです。
「毎日時給分の収入は確実に入るから、気が楽」と思うと精神的なゆとりだって生まれてきます。ノルマが緩いと罰金や時給ダウンなどペナルティも少ないので、のびのびお仕事したい女の子にはおススメです。

お店に居る時以外はお仕事ゼロというメリット

キャバ嬢は、ただお店でお酒を飲んでお客様との会話を楽しむだけではありません。
メールやLINE、電話でお客様をお店に呼び込むのも大事な仕事です。夜キャバクラで勤務している女の子は、お店から自宅に帰っても暇な時間に大事なお客様にメッセージを送っています。
LINEメッセージを送った事のある方には分かって頂けると思いますが、メッセージのやり取りは意外と時間が掛かるもの。
しかもお客様は1人だけではないため、女の子が色んなお客様と同時にメッセージのやり取りをするとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
営業活動の一環であるLINEやメールでの連絡で半日潰れてしまった…なんて事も有り得るんです。

ところがノルマの緩い朝キャバ・昼キャバの女の子だと、ノルマ自体が厳しくないためプライベートな時間を犠牲にして営業する必要はありません。
お店に居る時間は接客などの業務をしなければなりませんが、夜キャバの女の子のように自宅に帰ってからもプライベートな時間を潰して営業活動しなくて良いので精神的に楽です。

ノルマが少ない・無い分、いわゆるバックが小さい

ノルマが少ない・または無いと言う事は、女の子に入ってくる報奨金も少ない事になります。
ノルマが厳しい程営業で得られる報奨金も大きいため、よりたくさんの報酬を稼ぎたい・お金が欲しい女の子に朝・昼キャバは不向きかもしれません。

ただキャバクラ未経験者や厳しいノルマに苦手意識を持っている女の子にとって、朝・昼キャバは働きやすい職場。高い報酬を取るか、それとも働きやすさを取るか、じっくり考えてみましょう。