朝キャバ・昼キャバに体入(体験入店)する前に知っておくべきこと

なぜ朝キャバ・昼キャバに体入(体験入店)するの?

キャバクラが高時給なのは、来店されるお客様の客単価がそれだけ高いためです。そのため、だれでもキャバ嬢にするわけにはいかないため、一度体験入店していただき様子を見ます。

また、働く女性側としても未経験の場合とてもハードルを高く感じてしまいますよね。また、実際に働いているキャバ嬢同士の雰囲気や客層も、体験入店することで知ることができます。

まとめると、体験入店のメリットは以下の通りです。

  • キャバクラ未経験者でもお試しで働ける
  • お店の雰囲気やキャバ嬢同士の雰囲気、客層などが事前に知れる
  • 体験入店でも高額時給

朝キャバ・昼キャバに体入(体験入店)の仕事内容

体験入店の仕事内容・流れは、

  1. ヘアメイクや衣装への着替え
  2. 他のキャストに軽く挨拶しておく
    →お店で接客に困った時に助けてもらえます!
  3. 開店したら来店したお客さんの接客
    →体験入店の女の子は基本的に在籍キャバ嬢の女の子のヘルプなので、難しいことはありません
  4. 体験入店終了

慣れてくると名刺交換やお客様のタバコに火を点けたりなど、他の仕事を任されることも増えるかもしれません。しかし、まずはキャバクラの雰囲気に慣れること、自分に合ってるか確認することが重要です。

体入終了後は採用or不採用、自主辞退

体験入店が無事終わり、「今後も働いていけそう?」などと聞かれた場合、採用となり本入店をすることができます。

しかし、もし体験入店をしてみてそのお店の雰囲気や自分はキャバクラに合っていないと思った場合、その場で辞退を伝えましょう。

体験入店ばかりする「体入荒らし」もいるので、お店側も断られているのには慣れています。

もちろん、体入時の態度や接客を見て、不採用になる場合もあるので、そもそも本入店できない可能性があることも頭に入れておきましょう。

朝キャバ・昼キャバの体入(体験入店)に必要な物

体入で必要なものはお店によって違いますが、必須道具といっても過言ではないものは以下の4つです。

  1. 身分証明書
  2. メモとボールペン
  3. ライター
  4. ハンカチ

身分証明書は顔写真つきの公的身分証明証が必要なことが多いので、免許証やマイナンバーカード、パスポートなどを用意しておきましょう。

体入で1日限定だったとしても、お店で働くことに代わりはないので身分証は必須です。

上記以外にも、メモとボールペンを用意しておくと、仕事内容や待遇面で聞いておきたいことがあった際に困りません。また、メモをとる人はとても印象がいいので本採用されやすいですよ。

ほかには、お店側で用意されていることが多いですが、お客さんのタバコに火を点けたり、グラスやテーブルの水滴を拭くのに必要なので、ライターやハンカチも用意しておきましょう。

まとめ

体験入店の目的、仕事内容・流れ、用意する物について解説しました。

体験入店をするお店探しは、大手キャバクラ求人サイト「体入ドットコム」がオススメです。

無名求人サイトで体入してしまうと、本入店しないと体入分の給料未払いなどのトラブルに巻き込まれるかもしれません。