学生のアルバイトにも朝キャバ・昼キャバがおすすめ

現代の学生は忙しい!スキマ時間にがっつり稼ごう

現代の大学生や専門学校生は忙しいです。学生の本分はやはり勉強ですから、授業や課題、実習、レポートなどに追われて忙しいのは当たり前の話。
授業や実習だけではなく、サークルや部活動に参加しているとさらに忙しくなります。

それでも親元から離れて暮らしている学生の場合、授業料に加えて生活費が必要なので隙間時間にアルバイトをしている方も少なくありません。
実家から大学や専門学校に通っていても、学生生活は何かとお金が掛かります。少しでも手元にお金があると助かりますよね?

ただバイトをするとしても、学生は毎日忙しいので隙間時間を効率的に使える仕事でないと辛いもの。
そのため学生向きのアルバイトは…

・自由シフトで空いた時間にバイトが出来る
・高時給で効率よく稼げる

このような求人条件が理想的なのです。
朝キャバや昼キャバは一般的なバイトよりも時給が高く、自由シフトで空いた時間に働けるのでまさに学生向きのお仕事。
特に若い女の子はキャバクラでもニーズが高いので、短時間に効率よくバイトが出来る上に面接でも採用されやすく有利です。

お金があるほど学生のうちに出来る経験がぐんと増える

「本が読みたいけど本を買うお金がない」
「留学したいけどお金がない」
「PCの操作に慣れておきたいけどPCを買うだけのお金がない」など、学生のうちに読書や留学、PCスキルアップ、資格取得、自動車免許取得などやっておきたい事はたくさんあります。
でも時間はあってもお金がなくて諦めなければならない、と言う方も多いはず。

「お金さえあれば色んな経験が出来るのに」
「お金があれば資格取得も夢じゃないのに」など、お金がない事で出来る事が限られるのは悲しいですよね。
学生のうちに色んな経験をしておくと後々役立つもの。経験を積むと新しいチャンスや可能性が見えてきますし、人脈も広がります。
高時給のバイトをこなして少しでも使えるお金を増やしましょう。

学業との両立も可能!生活リズムを狂わせない

生活費や授業料を稼ぐために、学業とバイトを両立させている学生さんがたくさんいます。
特にキャバクラなど水商売の仕事は高時給で効率的に稼げる事から女子生徒に人気。
ところが夜のキャバクラは夜間(深夜~早朝)に働くスタイルのため、生活リズムが根底から崩れて本業に悪影響が及んでしまった方もいます。

毎晩明け方に帰宅して翌日のお昼に授業に出る生活は、寝不足により肌荒れや集中力低下、ストレスの増加、免疫力低下などを招く可能性が大きくなります。
寝不足のままキャバクラのバイトと授業を掛け持ちしていた女性が、うつ病を発症したと言う話もあり深夜のバイトは要注意です。

でも朝・昼キャバの場合、勤務時間が早朝からお昼の間なので生活リズムが崩れるリスクは低め。
お店の営業時間にもよりますが、授業が午後から入っていれば時間的ゆとりのある午前中に朝キャバで短時間勤務も可能ですし、逆に午前中授業に出てお昼からバイトをすることもできちゃいますね。

学生はあくまでも勉強がメインです。大事な勉強に差し障るようなバイトは出来るだけ避けて、無理なくこなせる時間帯、そして勤務時間、勤務シフトのお店を探すのが長続きのコツ。
朝・昼キャバは学生向きのバイト先ですよ。

就活にも活かせるコミュニケーション能力を培える

キャバクラには会社員はもちろん、自営業者、会社の重役、高齢者、学生、観光客、場所によっては外国人もやって来ます。
いろんな立場や年齢、職業の方々とスムーズにお話するには、やはり練習が必要ですね。

就職すると、仕事によっては色々な顧客や来客者と話をして商品を売り込んだり説明するなどの業務が必要になりますし、製造業や事務職のお仕事でも同僚と上手くやっていくためにコミュニケーション力は必須です。
就活でも就職希望の企業と連絡を取り合ったり、面接官とやり取りしたりと人との繋がりが切れる事はありません。

キャバクラで人とのお付き合いを学べば、就活や就職先での人づきあいにも活かせます。
特にキャバクラでは中高年の男性を接客する事が多く、将来上司になる年齢層の男性の発想や趣味、好みなどを知っておくと何かと役立つでしょう。