朝キャバ・昼キャバのお給料はどれくらい?

一般的な夜のキャバクラでのお給料について

一般的な夜のキャバクラでのお給料は、時給約3,000~5,000円が相場となっています。
もちろん銀座や六本木にある高級店と呼ばれるお店では、時給8,000円を超える事も珍しくありません。
時給だけではなく、ドリンクを奢ってもらえた時のドリンクバック、本指名や場内指名がもらえた時の指名バック、同伴バックなど「バック」と呼ばれる報奨金も加算されます。

時給に加えてこれら報奨金がプラスされ、月に50~100万円、それ以上の高額な報酬を得ている女の子が一定数いるのもキャバクラの特徴です。
人気・実力次第で高額な報酬が稼げるため、キャバクラは夢のある世界として女の子から注目されているお仕事。
ただ平均するとキャバクラで働く女の子の毎月の報酬額は約30万円前後となっています。

でも30万円でもかなりの高額ですよね。やる気があってマメな営業をしている女の子ならお客様は普通につきますし、お仕事自体難しい技術・知識が求められるものではないため仕事のハードルはそれ程高くありません。

朝・昼キャバは夜キャバより2~3割ダウンしてしまうイメージ

朝・昼キャバは夜キャバに比べると報酬が2~3割ダウンしてしまう傾向にあります。
つまり時給が2,000~4,000円の相場になってしまうのです。この理由は…

・朝キャバや昼キャバは来店するお客様が少なめ(お客様が限られる)
・営業による各種バックが得られにくい(お客様が少なめなので)

夜のキャバクラ営業に比べてお客様の数が少ない事が、報酬額ダウンの原因になっています。

「えー?そんなのひどい。全然高時給じゃないじゃん!」と残念がるあなた、ちょっと待ってください。
確かに夜のキャバクラに比べれば朝・昼キャバの時給は低いです。

でも時給2,000円がもらえるバイトって、他にどんな仕事がありますか?コンビニのバイトやコールセンター、仕分けのバイトで2,000円の時給がもらえる職場はかなり限られますよね?
朝・昼キャバで6時間、時給2,000円で働けば1日12,000円になります。結構美味しい仕事だと思いませんか?

それに朝・昼キャバには、夜のキャバクラにはない以下のようなメリットがあるんです。

ノルマやメイクにかかる手間を考えるとコスパ◎

夜のキャバクラで働いた事のある方は、バッチリヘアメイクを決めて綺麗なドレス姿で接客した経験のある方、かなり多いと思います。
ドレスをレンタルするのに1日1,000円近くかかりますし、ヘアメイクも専属の美容師にお願いするとお金だって掛かります。
経費節約のために自分でセットする方もいるのですが、やはりプロの仕上がりとは違いますよね。

ところが朝・昼キャバは全体的に緩いので、ヘアメイクをしっかり決める必要のないお店もあります。
コスチュームもドレスではなくワンピースでOKのお店もあり、私服の延長で仕事が出来る事もあるんです。
朝・昼キャバの方がナチュラルで無理のない服装やヘアメイクで仕事が出来るんですね。

ヘアメイクやレンタルドレス代で余計な経費が掛からない分、コスパが良かったりします。
ドレスを自腹で購入しようとすれば1着5,000円はしますし、あまり安いものでは見栄えも良くありません。
夜キャバはお金が稼げる分、必要な経費やヘアメイクにお金が掛かるのは事実です。

また各種バックが少ない点はマイナスですが、その分ノルマが緩く精神的なプレッシャーが少ないと言うメリットもあります。朝・昼キャバは良くも悪くも緩いのが特徴なのです。

もちろん一般的なアルバイトより倍以上は稼げる

有名なバイト求人サイトをチェックしてみると、東京都の場合、バイト時給の相場が公開されています。それを簡単にまとめてみましょう。

・ファミレスのホールスタッフ…時給約1,100円
・コンビニバイト…約1,050円
・一般事務バイト…1,130円
・アパレル店バイト…1,060円
・塾講師バイト…1,300円
・仕分けバイト…1,080円
・データ入力バイト…1,200円

一般的なバイトを簡単にピックアップしてみましたが、塾講師のバイトでさえ時給は1,300円です。
時給2,000円を超えるバイトは国家資格保持者の看護師でも難しく、看護師バイトの時給相場は約1,800円でした。

この表を見て頂ければ分かるかと思いますが、朝・昼キャバの時給約2,000~4,000円はそれだけでもかなり凄い事なんです。
キャバクラの時給は他の業種と比べると格段に高いのは間違いありません。
効率よくお金を稼ぎたいと思っている方には、キャバクラバイトが一番おススメです!