服装・メイクは夜キャバと朝キャバ・昼キャバで違う?

一般的な夜のキャバクラでの服装・メイクについて

一般的な夜のキャバクラは接客業という事で、衣装やメイク、髪形についてはお店ごとのルールがあります。
お店によって違いがありますが、夜のキャバクラではドレスが定番。若い女の子はミニドレスが多いですし、20代後半や30代の女性になるとゴージャスなロングドレスを着用する方も結構います。

チャイナドレス風の胸元を強調した衣装、スカートに深いスリットが入った衣装もセクシーなのでお客様受けはかなり良いですね。
ドレス以外にもワンピースOKのお店もありますが、やはりキャバクラでの王道はドレスです。

イベント時だったり、コスプレキャバクラの場合は、バニーガール姿・レースクイーン風の露出度の高い衣装・セーラー服などコスプレ風衣装など、コンセプトに合わせた衣装を着用する必要もあります。
衣装があらかじめ決まったお店はお店側が衣装を用意していますので、ドレスを別途購入する必要はありません。

メイクはお店の照明を落としている店舗も多いので、出来る限り濃いめでハッキリとしたメイクをするように指導されます。
薄化粧では暗めの店舗では目立ちにくく、薄ぼんやりとした印象になってしまうからです。
お店にヘアメイクの担当者がいる場合、慣れないうちはヘアメイクをお願いしてどの程度のお化粧の濃さが良いのか研究するのも良いでしょう。
ただし「ちょっと濃いな」と思うメイクに慣れてしまうと、普段の外出でも濃いめのメイクになってしまいナイトワークっぽさが出てしまうので要注意です。

朝キャバ・昼キャバはキメキメじゃなくてOK

朝キャバや昼キャバの場合、髪形やメイク、衣装をバッチリ決める必要はありません。
もちろんお店にもよるのですが、朝・昼キャバはお客様の数も限られており、派手めのメイクや髪型で接客する必要がないと判断されるからです。
お店によって「このくらいのヘアメや衣装で良いですよ」と体験入店や本入店前に指導されるはずですので、それに従ってください。

ただ朝キャバ・昼キャバは夜のキャバクラほど衣装やメイクの基準が厳しくないため、私服OKやワンピースOKのお店も多いです。
お店から髪形やメイクの指導がない時は、周囲にいるキャバ嬢のメイクや髪型を参考にしてみてください。
周りがナチュラルメイクなのに一人だけ濃いめのメイクだと悪目立ちしてしまう可能性もあるので、くれぐれも周囲から浮かないように気を配りましょう。

キレイ目なワンピースなどのカジュアル寄りな服装もあり

朝キャバ・昼キャバのお店には、完全に私服OKのお店と、ドレス着用などの衣装が決められているお店の2通りがあります。
ただ私服OKのお店であっても、トレーナーにGパンで接客するのはかなり非常識。
私服可でも綺麗なワンピースやスーツなど、人前に出ても良い服装でないと絶対NGです。

朝キャバや昼キャバで着用出来る女性らしさを強調した服装で、なおかつカジュアル寄りな服装を心掛けましょう。
オフショルダーは鎖骨のラインが強調出来るのでかなりセクシーですし、肩のラインを見せて女性らしさもアピール出来ます。
オフショルダーにコルセット風のミニスカートはウエストの細さも強調出来るので女性らしさ全開で男性ウケします。

女性らしさと言えばシースルーのレースをふんだんに使った長袖シャツにハイウエストのスカートなら足長効果も出て、セクシーさとスタイルの良さを演出できますよね。
普段使いでも着用出来そうなワンピースや2ピースドレス、スーツは通販でも安価に、手軽に購入出来るのでお店で働くキャバ嬢の服装を良く観察して購入してみましょう。
もちろんお店によってはレンタルドレスに対応している事もあります。

ナチュラルメイクでOK?必要なのは「女の子らしさ」だけ

朝キャバや昼キャバで働く女の子は、あまり濃いめのメイクをしていません。
もちろんお店の方針もありますが、朝キャバで働く女の子の写真をチェックするとメイクはアッサリ、髪形も凝った巻き髪ではなくロングヘアを緩めにウエーブさせているだけ。

全体的に服装もメイクもナチュラルで、女の子の素の部分が見える雰囲気です。
ただ身に付けている衣装はブルーやピンクなどのキレイめワンピースやツーピースのミニドレスが多く、女の子らしい印象。
凝った髪形や濃いめのメイクは必須ではなく、女性らしさや可愛らしさがあれば朝・昼キャバで問題なく働けるようです。