朝キャバ・昼キャバで働くときのヘアスタイルについて|ショートヘアでもOKって本当?

キャバクラでのヘアスタイルについて。ショートヘアのキャバ嬢ってアリ?

一般的な夜のキャバクラでは、ショートヘアよりもロングヘアの方が男性ウケすると言われています。

そんなロングヘアでも、特に男性ウケする髪型は以下のようなものです。

  • ゆるふわ系ポニーテール
  • 巻き髪
  • 盛り髪
  • ラプンツェル
  • ハーフアップ
  • シニヨン

上記のような女性らしさや可愛らしさを全面に押し出した髪形が人気です。

巻き髪や盛り髪は一時期爆発的に流行りましたが、今は以前のような盛り髪人気は見られません。

キャバクラでの髪形がよく分からない、と言う方は体験入店時にキャバ嬢の髪形を観察してみると、今の流行り・人気の髪型が分かりますよ。

夜のキャバクラにはヘアメイクさんが居る

分からない時は自己流で髪をセットするのではなく、プロにお任せするのがベスト。特に夜のキャバクラはしっかりヘアメイクを整える必要があるため、専属の美容師がプロの技でしっかりセットしてくれます。

専属のヘアメイクさんは女の子1人に約15分程度の時間を掛けてヘアメイクを施すので、作業はかなり手早く進みます。どんな髪形にするかは、その時着用したドレスのデザインや色によっても変わってきます。

専属のヘアメイクが在籍するお店では美容師に全てお任せ出来るので楽ですが、ヘアメイク代は差し引かれるので注意してくださいね。

朝キャバ・昼キャバのヘアスタイルはナチュラルでOK

朝キャバや昼キャバは、夜のキャバクラ程しっかりしたメイクや髪型は要求されません。

実際に昼キャバの店内で撮影された写真をチェックすると、女の子の髪形は普通のポニーテールであったりロングのストレートヘアのまま、またはボブヘアのままで接客しているケースが多いです。

夜のキャバ嬢はメイクも衣装もキメキメですが、ナチュラルなスタイルで接客したいなら朝・昼キャバで働くのがオススメ。

メイクや髪型のセットに時間とお金を使わずに済むため、経費カットや時間の節約になるのも朝・昼キャバのメリットです。私服のまま出勤しそのまま帰宅出来れば着替える手間や時間もカット可能。

朝・昼キャバのヘアスタイルについて分からなければお店に聞こう

朝・昼キャバでどんな髪形をすればいいのか分からない時は、面接に合格した時点でお店の担当者に聞くと良いでしょう。

「今の髪形のままでいいですよ」と言われれば、そのアドバイスに従えば良いだけです。「もっと髪の毛をカールさせてください」「出来るだけアップヘアにしてください」などお店側から要求されれば、その意見を取り入れて自分でセットすればOKです。

専属の美容師がいないお店では女の子が自分でヘアメイクをしなければならないため大変ですが、プロレベルのヘアメイクは要求されないので気負う必要はないでしょう。

まとめ

朝キャバ・昼キャバは専属のスタイリストがついていることはほぼありません。

そのためスタイリングを自分で行う手間がありますが、髪型の規則が厳しく無いので普段通り働けるという魅力があります。

気になる方は一度体験入店をして、実際に働いているキャストのヘアスタイルをチェックするといいでしょう。